借地権と底地の権利調整、貸宅地の整理、相続対策、不動産取引に関するコンサルティングは、実績ある不動産のプロ集団【日本不動産格付】にお任せください。。

サイトマップ 運営会社
電話 03-6272-5397 FAX 03-6277-8482
 HOME > 借地権の更新について

旧法による借地権は、借地契約してから、 堅固な建物の場合 『60年』、
非堅固な建物の場合は『30年』 となっています。


この存続期間が終了しても、自動的に更新されて契約が継続していくのが原則です。
更新された場合、堅固な建物『30年』、非堅固な建物は『20年』 ごとに更新となりますが、
この期間について当事者間で長く設定することも可能です。
ただし、法定期間より短く設定することはできません。


相談内容で多いのが、 『借地人が更新料を払ってくれない』 というものですが、
判例では更新料を支払うという特約がない場合には、更新料の支払いの義務は
ないとされています。

私どもは地主さんに代わって、更新料の交渉なども行います。

初回相談無料

 
アクセス プライバシーポリシー 著作権・免責事項   お問合せ
日本不動産格付株式会社   マンション格付.JP   エンジニアリングレポート


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright (C) 2007 Nippon Real Estate Rating Services Co.,Ltd. All Rights Reserved.