借地権と底地の権利調整、貸宅地の整理、相続対策、不動産取引に関するコンサルティングは、実績ある不動産のプロ集団【日本不動産格付】にお任せください。。

サイトマップ 運営会社
電話 03-6272-5397 FAX 03-6277-8482
 HOME > 底地問題について > 収益率を上げたい

収益率を上げたい
弊社が解決いたします!


【状況】
所在:新宿区内の住宅地  
貸地:80坪
地代収入:年間120万円
土地固定資産税等:35万円
借地権割合:60%

(地主Bさん)
相続評価が高い割には地代が安い。
相続の納税資金が必要である。

(借地人Cさん)
自宅の敷地としては大きめで、地代が負担になっている。
建物が老朽化しているため、近い将来、建替えも必要である。
6年後に更新が迫っている。



【対策】
当社に相談に来られた地主のBさんは、貸地の地代が安い上に、相続税の納税資金も必要でした。
早速、借地人のCさんと面談したところ、この土地は自宅にしては大きすぎるので、地代の負担を重く感じる上に、建物が老朽化して建て替えたいと思っていたことが判りました。

そこで、ご提案したのは借地権と底地の交換です。

交換では、Bさんの底地とCさんの借地権の価格をそれぞれ査定して、この両者が持つ権利を交換します。貸借関係がなくなった土地を分割して、それぞれが土地を単独に所有するという手法です。 問題は交換する比率です。この土地の借地権割合は60%ですが、譲渡承諾料に相当する金額や、契約残年数などを考慮に入れて折衝した結果、敷地の所有権をBさん40坪、Cさん40坪と半分ずつに分けることで合意しました。

地主と借地人の双方に交換による効果をご理解頂いたことが、本件がまとまったポイントです。



『日本不動産格付』では、地主さんの財産に関する
さまざまなコンサルティングの 一つとして、 相続・遺産の
分割についての 問題解決に取り組んでおります。

相続・遺産の分割についてのコンサルティングは、
最新の情報と豊富な経験、専門的な知識を持つ、
弊社のコンサルティングを、是非ご利用ください。
ご連絡、ご用命は03-6277-8481までお電話いただくか
以下のボタンからどうぞ。

初回相談無料


 
アクセス プライバシーポリシー 著作権・免責事項   お問合せ
日本不動産格付株式会社   マンション格付.JP   エンジニアリングレポート

〒106-0032 東京都港区六本木3-7-1 THE ROPPONGI TOKYO 1320
日本不動産格付株式会社 TEL:03-6277-8481 FAX:03-6277-8482

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright (C) 2007 Nippon Real Estate Rating Services Co.,Ltd. All Rights Reserved.