借地権と底地の権利調整、貸宅地の整理、相続対策、不動産取引に関するコンサルティングは、実績ある不動産のプロ集団【日本不動産格付】にお任せください。。

サイトマップ 運営会社
電話 03-6272-5397 FAX 03-6277-8482
 HOME > 底地問題について > 道路・建築に関して

道路・建築に関して
弊社が解決いたします!

3年ほど前からKさんは、相続が起こった時のことを考え、地代収入の少ない資力のある借地人Oさんに底地を買い取ってもらいたいと思っていました。そして、3年前から交渉をしていますがOさんは拒絶してきました。当社のコンサルタントがKさんから依頼を受け、物件の調査をしてみると、Oさんが買い取らない大きな理由がみつかりました。それは接道の問題でした。 Kさんの家の前までは2項道路と認定されているのですが、なぜかOさんのアパートがある前面道路は、建築基準法外による建築できない道路となっていました。

Oさんは底地をKさんから買い取っても、再建築ができない状況では資産価値が無いと判断しておりましたので、建築可能な状況になった場合の購入意思を確認したところ「是非欲しい」との意向を確認できたので、区役所と交渉を開始しました。すると20年ほど前に向かいの所有者Dと斜向かいの所有者Eとで、当通路を不特定多数の人々に利用される事を嫌い、二項道路として認定しない旨の覚書を取り交わしておりました。その当時借地人のKさんは連絡をしなかったため、今になってこのような事態になってしまいました。

 そこで今度は所有者DさんとEさんと話し合いを行いました。最初はそれぞれの思惑もあり拒絶していましたが、資産価値の変化(上昇)を数値化、しご説明したところ道路として認定する覚書に署名・捺印をしていただく事ができました。 二項道路になったことで、Oさんのわだかまりもなくなり、KさんとOさんはお互いベストの形で底地の整理が出来た形となりました。


『日本不動産格付』では、地主さんの財産に関する
さまざまなコンサルティングの 一つとして、 相続・遺産の
分割についての 問題解決に取り組んでおります。

相続・遺産の分割についてのコンサルティングは、
最新の情報と豊富な経験、専門的な知識を持つ、
弊社のコンサルティングを、是非ご利用ください。
ご連絡、ご用命は03-6277-8481までお電話いただくか
以下のボタンからどうぞ。

初回相談無料


 
アクセス プライバシーポリシー 著作権・免責事項   お問合せ
日本不動産格付株式会社   マンション格付.JP   エンジニアリングレポート

〒106-0032 東京都港区六本木3-7-1 THE ROPPONGI TOKYO 1320
日本不動産格付株式会社 TEL:03-6277-8481 FAX:03-6277-8482

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright (C) 2007 Nippon Real Estate Rating Services Co.,Ltd. All Rights Reserved.